土地を使って利益を得る仕組み

アパート

土地活用をする方法として賃貸経営がよく着目されています。アパートやマンション、戸建て住宅を建てる他にも駐車場や貸し倉庫、貸しコンテナなどの多岐にわたる方法があり、土地の立地や状態などに応じて適切なものを選んで運用しているのが一般的です。賃貸経営をする場合には土地を使って利益を得る仕組みについて理解しておくことが大切です。例えば、アパートを建てるには建設費用がかかるので初期投資が必要になります。その費用をローンなども使って工面し、安定的に賃料を徴収することで返済を終え、アパートそのものも所有物として手に入れつつ継続的な賃料収入を得るのが基本です。

初期投資額が少なくて済む

計算

賃貸経営による土地活用の中でもアパート経営には人気がありますが、その理由として大きいのが初期投資額が少なくて済むことです。アパートはマンションやオフィスビルに比べると建設費用がかなり安くて済みます。それでも数部屋は確保することができるため、満室にできればかなり大きな賃料収入を得ることができるのが魅力です。マンションの方が確かに多くの部屋を確保できるので長期的には利益を得られると期待できますが、空室が目立ってしまうリスクもあります。オフィスビルも同様でニーズが低いとかなり空室を埋めるのに苦労することが知られています。駐車場経営などに比べると賃料収入が高いという点も加味するとバランス重視でアパートが選ばれています。

アパート経営で土地活用・東京で選ぶべき会社を比較

安定収益と節税対策を両立できます!土地活用でアパート経営する

広告募集中